CONCEPT

  • HOME
  • コンセプト

テクナホームの家づくりとは

優れた性能、デザインを持つ住まいを提供すること。さまざまな企業努力によってお求めやすい価格とすること。そして、建てた後も安心して暮らし続けることができるよう、保証制度を万全にすること──。そんな「テクナホーム」の家づくりコンセプトについてご説明します。
東広島市やその周辺エリアでマイホームをご検討の方は、注文住宅で技術と実績のあるテクナホームとご指名ください。

テクナホームの家づくりコンセプト

デザイン、品質、性能に優れた家を、できる限りお求めやすいか価格でご提供する──。それがテクナホームの家づくり。もちろん、万全のアフターサービスで建てた後も安心です。

全棟ZEH標準仕様

ZEHとは

家そのものの性能を高めた上で省エネ設備を導入することで、生活に必要なエネルギーを小さくします。その小さくなったエネルギーを創ったエネルギーで補い、1年間の消費エネルギーをゼロ以下にする住宅。それが「ZEH-ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」です。
国は「2020年までにハウスメーカー・工務店等が建てる新築住宅の過半数をZEHとする」という目標を設定しており、2030年には新築住宅の平均でZEHの実現を目指しています。これは日本に限ったことではなく、世界中で低炭素社会を目指したZEHの推進がなされています。

ZEH-ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

Point1 省エネ
高性能設備でエネルギーを上手に使って、消費するエネルギーを減らす。
Point2 創エネ
太陽光発電などでエネルギーを創る
Point3 高断熱性能
断熱性能に優れた住宅は、夏の熱い外気を室内に伝えず、冬の室内の温かさを外に逃さないので、冷暖房費を削減しながら年中快適に過ごせます。
断熱性能は「UA値(外皮平均熱貫流率)」という指標で表され、ZEHの基準ではUA値を0.6[W/m²K]以下(広島県)でクリアすることが求められています。
Point4
消費エネルギー0以下
つまり……エネルギーを自給自足できる!
ZEH-ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

ZEHには、設備機器だけでなく、住宅そのものの省エネ化が重要です。断熱材や、窓の性能を高めることで、住宅の断熱性能が高まり、少ないエネルギーでも家全体を快適な温度に保つことができます。
テクナホームでは断熱性能の高いLow-Eペアガラスや高性能断熱材等も標準仕様に。これにより、厚さや寒さを抑え四季を通じて快適な暮らしに近づけます。また、冷暖房費を抑えることができます。

  • ZEH-ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスLow-Eペアガラス
  • ZEH-ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス高性能断熱材
ZEHのメリット

1夏涼しく、冬が温かい

高断熱・高気密のため、夏は涼しく冬温かい1年中快適に過ごせる室内温度をつくることが可能です
近年問題になっているヒートショック(急激な温度差によって血圧の変化が起き、脳梗塞や心臓発作になる症状)に対しても良い効果を発揮します。ZEH住宅は家全体の断熱効果が高いため、部屋ごとの温度差を減らし、ヒートショックを発生しづらくします。

2お財布に優しい

太陽光発電システムを設置し、自家発電を行うことで、光熱費を大幅に抑えることができます。
もしも発電した量が使用量よりも多くなるなら、売電も可能です。売電金額を生活費に回すこともできるでしょう。

3地球環境に優しい

太陽光は室効果ガスが発生しないため、地球環境にも最適なエネルギー源と言えます。

「ZEH認定ビルダー」登録企業として目標を達成

「ZEH認定ビルダー」登録企業として目標を達成

「ZEH(ゼッチ)」とは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスのこと。家庭で使うエネルギーを「住まい」で創り出し、1年間の光熱費を実質「ゼロ」にする次世代の省エネ基準で、経済産業省がこれを推進しています。テクナホームは、ZEH住宅プロジェクトを主導する経済産業省の外郭団体「一般社団法人 環境共創イニシアチブ」(略称:SII)が定める「ZEH認定ビルダー」として、皆様のネット・ゼロ・エネルギー・ハウス実現を全面的に支援してまいります。

テクナホームのZEH普及目標と実績

経済産業省は、2020年には新築・注文住宅の38%をZEH仕様またはNearly ZEH(準ZEH)仕様となることを目標に掲げています。一方、当社では2020年に新築・注文住宅の50%をZEH仕様とする目標を立てています。

2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
目標 10% 15% 20% 50%
実績 47% 20% 80%
得意とするのは「自然素材×シンプルデザインの家」

得意とするのは「自然素材×シンプルデザインの家」

肌触りのよい天然無垢材の床、調湿性や脱臭効果があり、見た目もやさしい漆喰の壁──自然素材の持つ力を生かした家づくりは、シンプルなデザインとあいまって長く暮らせば暮らすほど愛着の増す一棟に結実します。

ムダなコストを省いて、良質な住宅をお届けします

ムダなコストを省いて、良質な住宅をお届けします

ご予算に合わせ、コストとバランスの取れた素材やデザインを提案できる、この柔軟な対応力こそテクナホームの強み。それだけではありません。当社では建材の仕入れや工程を徹底して見直すことで住宅の品質、性能を維持しつつ、コストを下げることに成功しています。

住まいの理想をかなえるデザイン提案

住まいの理想をかなえるデザイン提案

テクナホームのデザインは全体にシンプルです。とくに理想としているのは、総2階の家。構造的な強度に優れているだけでなく、複雑な形状の家と比較して外壁の表面積が小さく抑えられ、施工しやすいことから、コストを大幅に下げることが可能だからです。ただし、こうした“箱型”の家を魅力的な外観にするには、相応の設計力、デザイン力が不可欠。もし、力のない設計者がこうした総2階の家を手がけると、どこか特徴のない、安っぽいものになりかねません。テクナホームは、住宅の中でもっとも強度を出しやすく、安定した“箱型”の家を、魅力的な一棟とするために、多彩な設計手法、デザイン手法を駆使して、施主様が理想とする住まいをカタチにします。

性能・品質にこだわる

性能・品質にこだわる

テクナホームの住まいは長期優良住宅、低炭素住宅、ZEH適合住宅など第三者機構の基準をクリアし、認定を受けています。つまり「性能が高い」という証拠になります。各基準を上回った住宅のご提供をしておりますので、ご安心ください。また、ご希望いただきましたら、情報をご開示することも可能です。

充実の保証とアフターサービス

充実の保証とアフターサービス

建てるのに1年近くを要するマイホームですが、施主様とそのご家族にとって新しい住まいとの暮らしはそこから何十年と続きます。だからこそ、テクナホームは各種保証制度やアフターサービスを充実させ、あらゆるトラブル、リスクを未然に防いでいます。

テクナホームがご提供する安心の5大保証
住宅瑕疵担保責任保険
「住宅保証機構株式会社」
(まもりすまい保証)
テクナホームは 大臣認定の保険法人である日本住宅保証検査機構の「住宅保証機構株式会社」(まもりすまい保証)に加入。これにより、お引き渡しから10年間、対象の瑕疵※を無償で補修します(免責金額10万円)。
※住宅の中でとくに重要な部分である「構造耐力上主要な部分」および「雨水の浸入を防止する部分」の瑕疵(見えない欠陥)
地盤保証 地盤の不同沈下により建物が損害を受けた場合、お引き渡し日より20年間、最高5000万円まで損害費用を保証します。
シロアリ補償 基礎パッキン工法とホウ素系木材保存剤を採用することで、シロアリによる損害費用を補償します。なお補償額や条件について詳細はお問い合わせください。
建設工事総合補償 建設中の建物が出火する、吹き付け塗装中に塗料が隣家に付着するなど、建築工事中にトラブルが発生した場合でも、お客様にご迷惑が及ばないよう、あらゆる補償を肩代わりします。
完全補償 契約後、万が一工事が中断した場合、バックアップ工務店が工事を継承し建物を完成させます。

「ロゴ」と「家づくりの確かな技術と経験」へ込めた想い

「ロゴ」と「家づくりの確かな技術と経験」へ込めた想い

テクナホームのロゴは頭文字の「T」を立体化したデザインが特徴で、上部は屋根、下部は壁面を表し、全体で家をイメージしたものになっています。また、高品質と安心・安全をすべてのお客様に提供すること、耐震性能などに関わる壁面の構造を重視していることなどを表しています。

これは、何よりも技術を重視するテクナホームならではと言える発想。建築棟数を重ねるごとに技術を蓄積し、提案の数だけ技術のバリエーションを増やしてきました。「テクナ」とはまさにそんな私たちのアイデンティティである技術、そしてその技術を裏打ちする経験を意味したネーミングと言えるでしょう。

テクナホームの商品ラインナップ

テクナホームの商品ラインナップ

テクナホームでは、施主様の多彩なニーズにお応えできるよう、さまざま特色を持つ多彩な住宅商品をご用意しています。和風か洋風か、モダンか最新か、デザインか機能性か、3階建てか平屋かご予算は? 土地の広さは?など、マイホームにかける想いは施主様それぞれ。テクナホームのラインナップなら、きっとご家族が笑顔になる住まいが見つかるでしょう。